2020年06月03日

コロワイドが大戸屋を取り込もうとしているが。。


コロワイドが昨年10月に19%の株を握った大戸屋。
アトム等のように子会社になると思いきや大戸屋の現経営陣と対立が深まっていますね

通常であれば、TOBも期待して大戸屋の株を勉強がてら買ってみたいところですが、コロナ影響が大戸屋にもコロワイドにも降りかかっているので、購入は見送り。そもそも株価の盛り上がりもありませんね。

私は、大戸屋の以前からの不振よりもコロワイドのほうが危険な気がします。
決算みてみたら、

巨額なのれん710億円、繰延税金資産120億に対し、自己資本はわずか300億円程度
アトム、レインズ等の子会社がやばい感じで、償却判断になった場合、巨額の債務超過に。。

のれんの額・割合ともに上場企業(飲食)の中でも突出した金額になっているようです。

TOBをするよりも、コロワイド自体の経営を立て直すほうが先決です。
IRをみましたが、担当する監査法人も今期から変更するようで、揉めた?と推測したくなってしまいます。

コロワイドは、私の投資歴の中で長く携わり(今は触りませんが)、実際のお店もよく利用していました。
なんとかコロナショックを無事を乗り越えてほしいものです。


さて、本日はちょいプラス

指数下げ(今日はマザーズから)→狼狽して売り→反転(そこが底)
とお決まりのコースを堪能し、インスタントラーメンを食べて、後場は放置







posted by デブゴン at 17:40| Comment(0) | 取引 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする