2020年05月18日

リートは運用会社に食い物にされてますね


コロナの混乱のさなか、一部のリートは運用会社(親会社)の都合のいいように扱われてますね。

積水ハウスリート

4月15日に積水ハウスから、ホテルの持ち分を43億円で追加購入
リンク先のファイルを見る限り、コロナの影響があるから大幅に割引価格で買えたわけでもないし、既に持っている持ち分の単価とほぼ変わらない。
ホテルの需要は消滅しているがわかっているのに・・・
今後の資金繰りを考えると今物件を買う時ではないのに・・・

これはひどいですね



インヴィンシブル投資法人(ソフトバンク系列)
こちらも、そうそうに賃料は放棄して、さらに上乗せした管理費をリートの資産からホテルに上納


ありえない!
自分の金と思わないから、リートの資産が運営会社のホテル側に流失
自分がリスクとった大家だったら、先頭きって減免しないし、まして店子に「辛いなら資金も援助するよ」
なんて聞いたことがない

リートって利回りをもいいけど、状況が悪くなってくると行儀の悪いリートは避けたほうがいいですね。





さて、持ち株ですが今日はプラス5万円ほど。
短期の取引も少し。

明日はレナウンの売買に参加
20円で寄ったら5億円位の約定金額にしかないから、カネ余りの参加者が多くてあまり儲からなそう

今日機械的に売ってるのは、年金とか銀行とかだけ
親会社の中国企業はどうするんでしょうね。




















posted by デブゴン at 19:55| Comment(0) | 取引 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする