2019年06月08日

SBI主幹事のIPOの当選資金を計算。インフォネットは期待値大


 
昨日からSBI主幹事のIPOであるインフォネットの申込が開始されています。
主幹事であるSBI証券は、資金量に応じて当選します。ある意味公平であるので、資金を集めて申し込みするか、要検討する案件です。 

目次

1.諸条件
2.総抽選資金
3.当選単価
4.抽選資金1万円当たりの期待値
5.参考にさせていただいたサイト様

 


1.諸条件
インフォネットの評価はA級。
マザーズ、小型、web系ということで、人気は必死
今年に入ってIPOはかなり好調なので初値も期待できます。

仮条件     :1,350円〜1,490円
SBI抽選対象枚数:1,980枚
初値リターン  :300,000円




2.総抽選資金
SBI証券に集まってくる総抽選資金は毎回、皆様の協力のもと計算済みです。

今回は、6月優待クロスに皆さん資金を振り分けていること、他証券主幹事のIPOや,PO(積水ハウスリート410億円)もあることから、ミンカブの際に集まった資金、3,634億円をもとに推計しています。

前回のミンカブは、3月の優待取得に資金に投入している時期ですのでちょうどよいかと思います。





3.当選単価
前回ミンカブの総抽選資金をもとに計算すると当選単価は

3,634億円÷1,980枚=18,353万円/枚

今回は1.8億円。。。。。

抽選日(6月14日)は一日一善をこころがけましょう(^^♪



4.抽選資金1万円当たりの期待値

初値リターン÷当選単価=

           =300,000円÷18,353万円

           =16円/1万円

今回の期待値は、高めです
100万円を持っている人は、0.5%の確率で30万円ゲット!


これは、資金集中の価値がありますね。


インフォネット.png




5.参考にさせていただいたサイト様

黒澤様(許可をいただきました。ありがとうございます)
抽選枚数をサイトより確認。

https://96fun.com/


posted by デブゴン at 10:50| Comment(0) | SBI主幹事IPOの攻略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする